SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

筋トレ継続の邪魔をする9つのマイナス要因とは!?

なぜ継続できないのか?

筋トレを始めてみたものの、あえなくリタイア…といった経験をお持ちの人は多いのではないでしょうか。本書の冒頭でも述べましたが、筋トレの実践には多くの難敵が立ちはだかっています。しかし、彼らの特徴を冷静に分析していくと、攻略法が見えてきます。これを一つ一つクリアしていけば、継続への道が開けていきます。

筋トレが継続できない要因の具体例を紹介します。思い当たることがあれば、対策法を考えてみましょう。

[筋トレの実践・継続に立ちはだかるマイナス要因]
●トレーニング時間の確保が難しいと感じ始める
●予定していたトレーニングを休んでしまう
●次のトレーニングを先延ばしにしてしまう
●筋トレが「負担」、「億劫」に感じられる
●筋トレに義務感を抱き、精神的な重荷になる
●筋トレができなかったときに「失敗感」や「罪悪感」を感じる
●筋トレ自体がキツイ、苦痛
●筋肉痛が苦になる。翌日の仕事に支障をきたす
●筋トレの効果が実感できない

【書誌情報】
『1日3分!ジムに行かずにマイナス5㎏!自宅筋トレ 続ける技術』
著:有賀誠司(東海大学スポーツ医科学研究所 教授)

ヒザ付き腕立て5回でも効くんです!!足に手を添えての腹筋だって効くんです!!筋トレ初心者、続かなかった方、待望の1冊!!トッププロ指導の傍らで、一般の方のボディメイクをサポートしてきた著者が「自宅筋トレ」を「続けるために」書き下ろしました!誰でも出来る!自宅で出来る!!続けて出来る!!!鍛えるために必要なのは、根性ではなく、この1冊!!!!