SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

産駒がJRA通算1000勝達成。ジャパンダートダービーが輩出した名種牡馬ゴールドアリュール!

Text:あもあもだいち

ダービーの次走がジャパンダートダービーで圧勝

 芝ではコントレイルが日本ダービーで、15年ぶりディープインパクト以来の無敗制覇を成し遂げた。

 ジャパンダートダービーで、無敗制覇を狙っている馬が1頭いる。 ユニコーンSを勝ったカフェファラオだ。勝利できれば、2001年のトーシンブリザード、昨年のクリソベリルに続いて、史上3頭目の無敗制覇となる。

 しかし、それに待ったをかけるべく、バーナードループを筆頭にJRAから6頭、地方競馬から6頭が出走を予定している。

 果たして、カフェファラオは勝ってダート界のスターホースへと駆け上れるのか!? 今回は、このジャパンダートダービーを勝った馬の中でも、唯一無二のスターホースとなった名馬を紹介しよう!!

 その名馬とは2002年勝馬の“ゴールドアリュール”だ。

 デビューは芝で2着となり、2戦目の芝で初勝利を挙げるも、その後、芝では勝つことが出来ないでいた。そのため7戦目にダートへ路線変更すると、2連勝を飾る。 そして、ホースマンの夢、日本ダービーへ出走すると13番人気ながら、5着と好成績を残す。これを最後に以降はダートのみの出走となる (芝では1勝しかしてないが、成績は悪くなく、すべて掲示板内の5着以内としている)。

 日本ダービーの次戦にジャパンダートダービーを選択し、2着に1.3秒差をつけ圧勝する。 これはサンデーサイレンス産駒として、初のダートGI級制覇となり、また唯一のGI級馬でもある。引退するまでGI級を4勝しダート界を代表するスターホースとなる。

 そしてゴールドアリュールは、種牡馬としても快進撃を続ける。 産駒にGI級9勝の“エスポワールシチー”をはじめ、砂の快速逃げ馬“スマートファルコン”。 JRA認定のGI級11勝は日本競馬史上最多の“コパノリッキー”。 国内負けなし現役の“クリソベリル”など、GI級馬を10頭も輩出している。2020年6月21日には産駒がJRA通算1000勝を達成した。

 果たして、現役時代だけではなく、種牡馬としても活躍する名馬が誕生なるか!?

 発走は、7/8 大井競馬場 11レース 20:05予定。


ユニコーンSでは、2着に5馬身差をつける圧勝のカフェファラオ。G1初制覇なるか