SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

たった1回で全身リセット!寝たままできるバーオソルとは?

Text:KANAMI

「バーオソル」とは「床の上でするバレエ」

「KANAMI式バーオソル」の原点は、フランス式と呼ばれる「バーオソルクニアセフメソッド」です。

起源は1950 年代、、数々の著名なバレエダンサーを育てた「伝説のバレエ教師」ボリス・クニアセフ氏が考案しました。あるとき、クニアセフ氏がバーのないスペースでレッスンを行うことになり、それをキッカケに生まれたと言われています。

「Barre au sol /バーオソル」とは、フランス語で「床の上でするバレエ」を指す言葉です。その実態は、自体重を利用して行う体幹トレーニングと言い換えることができるでしょう。

バーオソルの説明

たった1回で全身リセット!強さを引き出し弱さをカバー

寝たままでできるというお手軽な感じも人気を後押ししたと思われますが、バーオソルが愛されるのにはそのほかにもいくつかの理由があります。

ひとつは1回のレッスンで全身をくまなくリセットできるという点です。

バーオソルのレッスンで行うことは「筋肉を使って、育てる」ということ。「育てる」というのは、大きくするという意味ではなく、必要な強さを引き出して弱くなってしまった部分をカバーするという意味です。

また、個人のレベルに応じて強度を調整することもできますし、育てるために負荷をかけるにしても、自体重だから安全性も高いのです。そのうえインナーマッスルに強くアプローチをしていくから、継続したときに必要以上に鍛えられる心配もありません。

【書誌情報】
『寝たままできる!パリジェンヌたちの体幹トレーニング KANAMI式バーオソル』
著:KANAMI

「一度魅力を知ってしまったら、人生観も変わるかもしれません!」KANAMI式バーオソル歴7年 女優・比嘉愛未さん推薦!バレエダンサーのために生まれたプログラムに、日本人の特性や抱える体の悩みに合わせてアレンジを加えた「KANAMI式バーオソル」。しっかりとした「体幹」と、しなやかな「柔軟性」を同時に叶えられる“身体矯正メソッド”です。たった1回やるだけで、ゆがんだ骨格が整って、力みが抜け、めぐりがアップ。1週間、1ヶ月……、続けるうちに、美姿勢、美脚、ヒップアップ!体と心の「自分軸」が整うことで、どんどん自分に自信がつきます。まるで、背中に翼が生えたかのような特別な軽やかさを手に入れよう。ぜひ、体感してみてください!