SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

痩せたいのに頻繁に食べ過ぎちゃう理由とは?【ゆるやせ漢方ダイエット】

Text:工藤孝文

食べ過ぎは「食行動の異常」です

誰でも「昨日、食べ過ぎちゃって……」というのはよくあることです。しかし、やせたいのにひんぱんに食べ過ぎを繰り返しているなら、それはたんなる食べ過ぎではなく「食行動の異常」という範ちゅうに入ってしまいます。異常というとちょっと驚かれるかもしれません。しかし、甘いものを食べ出したら止まらなかったり、油の多いスナック菓子を1人で全部食べきってしまう。また食べたばかりでまだお腹がすいてない時でも、だれよりもたくさん食べているような場合は、「正常」とはいえず、満腹の状態が分からなくなっています。

過食を繰り返すうちに、食欲をコントロールする機能である脳の満腹中枢がうまく働かなくなっているのです。そのためいつまでも食べ続けるという状態が、生まれてしまっています。食べ過ぎることは異常な行動と認識するだけでも、自分の食べ方を見つめ直すきっかけになるものです。「異常なら治さなくちゃ!」と。とはいえ、それまで好きなだけ食べて太ってしまった人にとって、食べることを制限することほどつらいことはないでしょう。

そこで工藤式「ゆるやせ漢方ダイエット」では、一人ひとりが自分の食行動の異常を見つけ出し、できることから修正していく方法でやせていきます。実践するために大切なことは、自分の食行動の問題に気づいたら、客観的に課題をとらえ、素直な気持ちになって、それまでの思い込みや間違った認識を捨てることです。

そして、食べること自体が悪いのではなく、太るほど食べることに問題があるということに納得し、理解すること。それができたうえで、みずから今までの食行動の異常を正常化していこう、という気持ちが生まれるのです。

【書誌情報】
『ゆるやせ漢方ダイエット』
著者:工藤孝文/ダイエット・漢方外来医師

なぜ太ってしまうのでしょう?それは、消費する以上に食べてしまうから。余った脂質や糖が体に蓄積されて太ってしまうのです。ゆるやせ漢方ダイエットは、そんな当たり前のことを知っているのに、やせたくてもやせられない人のための本です。 ゆるやせ漢方ダイエットのメソッド□食行動(食べグセ)の見直し+漢方薬を飲むこと□ 食行動質問票で食グセをチェツク。A~Gのタイプ別にアドバイス□ 気・血・水の体質別に、漢方薬で心と体の不調を整える。きつい運動や糖質制限も必要ありません。無理なく、ゆるーくやせてリバウンドなし。心と体も不調も整い、まさに一石三鳥のダイエット法です。52.8㎏→40.8㎏ 1年で12㎏減。97㎏→83.2㎏ 半年で13.8㎏減ほか、大成功例も満載です。基本のダイエット漢方薬(大柴胡湯・防風通聖散・ 防已黄耆湯)のほかにも、「ゆるやせ漢方薬」を数多く紹介しました。NHK「あさイチ」「ガッテン!」出演。10万人をやせさせたドクター工藤の新ダイエット法です。