SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

フォローからの左ヒジのたたみ方を体得できる「フィニッシュドリル」とは!?【キープレフト理論 実戦強化編/和田泰朗】

Text:和田泰朗

左ヒジをたたみ
ヘッドカバーを真後ろに飛ばす

ボールがつかまらない人は、フォローで目標方向にクラブを真っすぐ出したり、逆に左サイドに引き込んでいるかもしれません。前者ではヘッドの軌道がインサイド・インにならず、後者では結果的にカット軌道になる。つかまらないのはそのためです。

ともに共通しているのは左ヒジの使い方が間違っていること。フォローからフィニッシュの過程では、左ヒジは伸びても、引けてもダメで、たたむことがポイントです。

同じたたむのでもスイングでは体全体が動いています。そのためフォローでたたんだのでは遅いので、インパクト直後でたたむようにします。

これはヘッドカバーを持ってスイングし、フィニッシュで投げるとよくわかります。タイミングよく左ヒジがたためると、ヘッドカバーはフィニッシュ時の真後ろに飛びますが、問題があると左右いずれかの後方に飛びます。

出典:『世界が認めた究極のシンプルスイング キープレフト理論』著/和田泰朗

【書誌情報】
『究極のシンプルスイング キープレフト理論 実戦強化編』
著者:和田泰朗

ゴルフスイングは一般的に「振り子運動」ととらえられている。本書のスイング論である「キープレフト理論」は、クラブを体の左サイドにキープして振る考え方。クラブのグリップエンドからシャフトがもっと長くのびていて、それが体の左サイドにずっとあるように振るイメージで、スイングを「吊り子運動」を考えている。振り子運動に比べリストコックやアームローテーションへの意識は不要で、スイングの動きがシンプル、再現性が高いスイングといえる。スイングに不安を持つアマチュアゴルファーに、ぜひすすめたい。本書は、2019年に刊行した『究極のシンプルスイング キープレフト理論』に続く著書。前作のテーマ「スイング作り」を、今回は「スコア作り」に変え、「キープレフト理論」を駆使したラウンド実戦法写真を多用してわかりやすく解説する。この理論の考案者・和田泰朗プロは、世界的ティーチングプロ団体WGTF(World Golf Teachers Federation)の一人で、会員の1%しかいない「マスター」の資格を取得。さらにこの理論が認められて2019年、WGTFのティーチングプロ・トップ100に選ばれている。また、2020年には女子プロのトーナメントを運営するなど、その活動が注目されている。