SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

同じ馬主の馬が同じ枠に入った時は馬番の大きい方の馬の騎手が染め分け帽を被る!【究極の競馬ガイドブック】

Text:長谷川雄啓

染め分け帽

同じ枠に、同じ馬主の馬が入ったら?

中央競馬の場合、騎手がレースで着る勝負服は、馬主デザインの固有のもの。帽色まで一緒となると、どちらの馬だか、判明しづらいですよね。

そこで、帽子を枠の色と白色に分けたものを染め分け帽と言い、同じ馬主の馬が同じ枠に入った時は、馬番の大きい方の馬の騎手が、それを被ります。

同枠の2頭目の馬は、4分割したものを、3頭目は8分割したものを被ります。

ちなみに、白帽色の1枠はどうするかと言うと、白と水色で4分割したものを被ります。

【書誌情報】
『究極の競馬ガイドブック 自分で“勝ち馬”を探せるようになる』
著者:長谷川雄啓 JRAビギナーズセミナー講師

競馬場などで行われている競馬初心者施策でビギナーセミナーの講師を務めている長谷川雄啓氏。そこで競馬初心者の人々と触れ合うことで「初心者の人が馬券を買うまでに知りたいポイント」を体得してきました。これまでの教本だと、まるで家電の説明書のように、“抜け”があったらマズいと、それはそれは細かく、ビギナーには不要な細かい情報まで書いていました。この本では、そういった内容を極力省きます。ポイントを押さえれば、細かいことは自然と覚えていくので、まずは開いた“競馬の扉”を閉じさせないよう、自力で予想を楽しめるよう導いてあげるのを目的とした本です。