SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

集中力の無い馬に有効な矯正馬具「ブリンカー」!【究極の競馬ガイドブック】

Text:長谷川雄啓

矯正馬具について

馬は繊細で、臆病な動物です。肉体的に走る能力があったとしても、メンタル面が弱ければ、その力を存分に発揮することが出来ませんよね。

そこで、馬の能力を最大限に発揮するために考えられたのが、“矯正馬具”と呼ばれるものです。

馬は、様々な装備を身に付けてレースに出走しますが、中でも、レースに集中させるために装置してくる“矯正馬具”について、お話をしたいと思います。

ブリンカー

馬は、首の後ろ以外、350°視野があると書きました。集中力の無い馬は、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。これではレースに集中出来ません。また、臆病すぎると、まだずーっと後ろにいるライバルが視界に入るや、「うわっ、もう来た…」と、早々に闘争心を失ってしまう場合も。

そうならないように、目の脇に、お椀を2つに割ったようなものを着けてあげる。これがブリンカーです。ブリンカーを着用すると、視界が限定され、前しか見えなくなるので、馬がレースに集中し、怖がりな面が解消される。そうなれば、勝負強さを発揮出来るようになるかもしれませんよね。

ブリンカーは、初めて着けた時と、逆に外した時にも効果が大きいとされます。ブリンカー着用の際には、必ず事前の申請が必要で、馬柱に“B”の表記があります。見逃さないようにして下さい。

【書誌情報】
『究極の競馬ガイドブック 自分で“勝ち馬”を探せるようになる』
著者:長谷川雄啓 JRAビギナーズセミナー講師

競馬場などで行われている競馬初心者施策でビギナーセミナーの講師を務めている長谷川雄啓氏。そこで競馬初心者の人々と触れ合うことで「初心者の人が馬券を買うまでに知りたいポイント」を体得してきました。これまでの教本だと、まるで家電の説明書のように、“抜け”があったらマズいと、それはそれは細かく、ビギナーには不要な細かい情報まで書いていました。この本では、そういった内容を極力省きます。ポイントを押さえれば、細かいことは自然と覚えていくので、まずは開いた“競馬の扉”を閉じさせないよう、自力で予想を楽しめるよう導いてあげるのを目的とした本です。