SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

GⅠ馬は苦戦? AJCCに挑むブラストワンピースの死角とは?

Text:あもあもだいち

ゴールドシップなど歴戦のGⅠ馬も苦戦

1月26日に中山競馬場で、アメリカジョッキークラブカップ(以降AJCC)が行われる。
今年はフルゲートではないが、ブラストワンピース(2018年有馬記念)を筆頭に、重賞を勝ったことのある有力馬が、多数出走予定。
すんなりブラストワンピースが、勝てるといった雰囲気ではなくなっている。

それに加えて、ブラストワンピースにとって、嫌なデータがある。
近10年でAJCCを勝った馬に、G1を勝ったことのある馬が出走するも、制覇したことはないのだ。
過去に、ゴールドシップ(2012皐月賞をはじめG15勝)やゴールドアクター(2015有馬記念勝馬)、さらにはマイネルキッツ(2009天皇賞(春)勝馬)などが出走するも、大惨敗を喫している。
(AJCCを勝った後にG1を勝った馬に、トーセンジョーダンやルーラーシップなどが存在する)

ブラストワンピースは、ジンクスを破ることは出来るのか?
発走は、中山競馬場 15時45分 予定。