SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

侮るなかれ10歳馬!ホッカイドウで輝き続けるオジサンの星とは?

Text:あもあもだいち

交流重賞「北海道スプリントカップ」開催

ホッカイドウ競馬もコロナ禍の影響で、開幕してから無観客が続いている状況。
しかし、今週6月4日は、ホッカイドウ競馬が熱い日となる。 それは、初夏のダートスプリント決定戦として、交流重賞「北海道スプリントカップ」が開催されるためである。

過去には、JBCスプリント(JpnⅠ)を勝った、ノボジャック、ダノンレジェンド、ニシケンモノノフなど一線級が出走し、勝ちを収めているレース。

今年も、2019「ドバイゴールデンシャヒーン(GI)」2着のマテラスカイ。先週、浦和競馬場で行われた「さきたま杯(JpnⅡ)」を勝利したノボバカラ。重賞勝ちはないが、ショーム、スズカコーズラインのオープン実績馬が、JRAからは出走予定となっている。

実力派がJRA勢を迎え撃つ

迎える地元勢の筆頭は、今年10歳と人で例えるなら35歳くらい、オジサンの星となるであろうメイショウアイアンが出走してくる。

10歳だからと言って侮るなかれ、このメイショウアイアン。 昨年の北海道スプリントカップを2着と好走しており、直近5/5のレースを半年ぶりながら、3着と順調に調整してきている、JRA勢にとって手強い相手となるのは、間違いない1頭である。

その他、JRA時代オープン勝ちがあり、ホッカイドウ移籍初戦を勝利した、ニットウスバルも控えており、JRAの上位独占とはいかない状況となっている。

果たして、JRAの1、2、3独占なるのか、それとも一矢報いるのかホッカイドウ勢!! 出走は、6月4日 20時発走予定。


前走3着。今年も好走なるかメイショウアイアン