SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ディープもオルフェーブルも勝った神戸新聞杯。かつての勝馬にはオグリを負かしたオサイチジョージ!

Text:あもあもだいち

コントレイルが神戸新聞杯で始動予定

 1991年に、3着馬までに菊花賞の優先出走権が与えられるようになり,1995年からは、菊花賞トライアルとなった「神戸新聞杯」。今年は2006年に阪神競馬場が改修のため、中京競馬場で行われて以来の中京開催となる(今回の中京開催理由:京都競馬場の改修工事に伴う開催日割の変更のため)。

 菊花賞トライアルと言うことで、毎年皐月賞や、日本ダービーを制したクラシック馬から、そのレースの上位馬が出走してくるレベルが高い競走となっている。レベルの高さは、シンボリクリスエス・ディープインパクト・オルフェーヴル・サトノダイヤモンドと言った歴代勝馬を見ても一目瞭然である。


父ディープインパクトも勝った神戸新聞杯。3冠ロードへ好発進なるかコントレイル

 今年は何といってもオルフェーヴル以来、史上8頭目の三冠馬を狙うコントレイルが出走を予定。無敗での達成となると史上3頭目だ。本番の菊花賞で無敗三冠を決めるためにも、ここは絶対に負けられないレースである。

 歴史的快挙達成の前に、今回は菊花賞トライアルとなる前に、神戸新聞杯を制した名馬を紹介しよう。

1989年勝馬「オサイチジョージ」

 現表記2歳時に1勝するものの、脚部不安を発症し、翌年の春のクラシックへの参戦を断念。秋の菊花賞(GⅠ)へ出走するため4月に復帰すると、葵S(OP)、中日スポーツ賞4歳S(GⅢ)に勝利。夏は休養に当て秋に復帰。初戦の神戸新聞杯を勝ち、続く京都新聞杯を2着と結果を残して菊花賞に臨んだ。 だが主戦騎手が騎乗停止処分を受け乗り替わりとなった不運もあり、12着と惨敗する。

 その後、現表記4歳になると重賞2連勝。G1安田記念ではオグリキャップに敗れるも3着と善戦。そしてオサイチジョージにとってのハイライトレースとなる、宝塚記念(GⅠ)を迎える。

 人気では、オグリキャップ、イナリワンに続く3番手だった。しかしレースでは、オグリキャップに3馬身半差をつける快勝。初のGⅠ制覇とした。ただ、そこで燃え尽きてしまったのか、その後は3着以内に入ることが出来ず、現表記5歳時、1991年の有馬記念8着を最後に引退。その後は種牡馬となるも、活躍馬を出せないまま、1999年には種牡馬も引退している。

 果たして、コントレイルは無敗をキープ出来るのか⁉、それを止める馬が現れるのか⁉出走は、9月27日 中京競馬場 11レース 15時35分予定。