SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

かつては大物がズラリ!ニュージーランドトロフィーが輩出した名馬とは?

Text:あもあもだいち

ニッポーテイオー、オグリ、そして・・・

今週は、桜花賞が開催され、いよいよクラシックが始まる。
そして、その前日にはNHKマイルの優先出走権をかけて、ニュージーランドトロフィー(GⅡ)が行われる。

このニュージーランドトロフィーは、以前は東京競馬場で開催されていたが、2000年以降から現在の中山競馬場で開催している。
そのため、勝馬の顔ぶれが明らかに変わってきている。

東京競馬場で開催されている頃は、ニッポーテイオー、オグリキャップ、ヒシアマゾン、エルコンドルパサーなど、2000m以上で戦える馬、かつ古馬G1戦線で、活躍するような馬を多く輩出してきた。

しかし中山競馬場開催となると、一年目にクイーンエリザベスCを2連覇したエイシンプレストンを出したが、その後はあまり大物を出していない。

NHKマイルの優先出走権が与えられるようになったのは1996年。以降、ニュージーランドトロフィー勝馬がNHKマイルを勝ったのは、1997年シーキングザパールと2012年のカレンブラックヒルの2頭のみ。

つまり中山開催に移ってからは、カレンブラックヒルただ1頭だけなのである。

今年も重賞を勝ってきているのは、マイネルグリット1頭のみ。今後大きく羽ばたく勝馬は現れるのか?
発走は、4月11日 中山競馬場 15時45分予定。