SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ユニコーンステークスから破竹の重賞8連勝を挙げた伝説的マイラー、タイキシャトル!

Text:あもあもだいち

タイキシャトルはマイル7戦全勝

明日21日、3歳限定のユニコーンステークスが、東京競馬場で行われる。7月に大井競馬場で開催されるジャパンダートダービーダート(JpnⅠ)の前哨戦だ。

このユニコーンステークスは、直近5年の勝馬の全てが、その後にGⅠ級を勝利している出世レース。一流馬への登竜門とも言えるだろう。

今年も、同じ距離、同じコースのヒヤシンスSを勝ったカフェファラオ。青竜ステークスを勝ったデュードヴァン。海外遠征をし、サンバサウジダービーカップを勝ったフルフラットの3頭を筆頭に、次世代のダート界を背負うスターの座を目指して、各馬が出走を控えている。

そこで、ユニコーンステークスを勝った大物ホースを振り返ってみよう!!

タイキシャトル
1997年勝馬。当時は秋に設定されていたユニコーンステークス。 芝でも結果を残していたが、秋初戦にマイル(1600m)を使いたかったという理由で出走。 そのまま勝ってしまい、その後はマイルCS、安田記念、ジャック・ル・マロワ賞など、重賞8連勝。G1通算5勝を挙げた。マイル戦は7戦全勝。種牡馬としても、3頭のGⅠ級制覇馬を輩出している。

アグネスデジタル
2000年勝馬。芝・ダートを使われていたが、結果を残していたのはダート。そのため秋初戦ユニコーンステークスを使い、見事勝利する。 さらに、その年のマイルCSに出走し、芝初勝利をGⅠレースで挙げた。コースレコードというおまけ付き。その後も芝、ダート問わず活躍し、国内海外のGⅠ級を6勝する。 種牡馬としては、GⅠ級を勝ったのはカゼノコ1頭のみだが、9頭の重賞勝馬を輩出している。

今年、勝って出世コースに乗るのはどの馬か? 発走は、6月21日 東京競馬場 11レース 15時45分予定。


砂の怪物候補カフェファラオは3連勝なるか