SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

U-18候補同士が激突!世代NO.1捕手は?

3回戦屈指の好カード。星稜(石川)VS智弁和歌山。

星稜のエース奥川恭伸に対し智弁和歌山打線がどう立ち向かうかに焦点が集まるが、カギとなるのが両チームの捕手同士の対決だ。

星稜の捕手、山瀬慎之助は奥川恭伸と6歳で出会い、中学時代には軟式野球部に所属し、奥川と共に全国優勝。
肩が非常に強く二塁への送球は1.8秒を誇り、スローイングの軌道も低く安定している。
また打撃でも県大会打率3割7分5厘。今大会も初戦で2安打、2回戦でも1安打1打点を挙げている。

対する智弁和歌山の捕手、東妻(あずま)純平は5季連続の甲子園出場。2年春のセンバツでは準々決勝から決勝までの3試合連続で盗塁を阻止している。
打撃では今春の選抜で3ランを放ち、今大会も2回戦の明徳義塾(高知)戦で中堅右に1発を叩き込んだ。

山瀬慎之助、東妻純平は共に4月、U-18日本代表候補にも選出されている。ハイレベルな一戦に注目したい。

 

『がっつり! 甲子園2019』7月2日発売!

《注目ラインナップ》
令和元年の甲子園注目選手が丸分かり!!
■スペシャルインタビュー
及川雅貴(横浜高)、奥川恭伸(星稜高)、他
■令和の怪物は誰だ!?
■あれから一年…
100回目の夏を彩ったヒーローたちの現在地
■全国49地区夏の甲子園データベース
■全国要注目選手ガイド
■吉田輝星はやっぱり凄かった!
■「サイン伝達」問題から透けて見える高校野球の問題点
■終わらない議論。高校野球における球数制限問題
その他、注目トピックス満載!!

【書誌情報】
『がっつり! 甲子園2019』
令和の怪物は誰だ! ?
大注目の佐々木朗希(大船渡)を始め、奥川恭伸(星稜)、及川雅貴(横浜)、 西純矢(創志学園)など、逸材投手陣を徹底特集! ! さらに毎年見どころの「各県総力データ」や、甲子園にもうすぐ手が届く「悲願校」。 昨夏のスターたちの現在地など、高校野球ファンなら見逃せない情報満載の一冊! !