SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ワールドカップバレーで日本を苦しめたチュニジアのエースとは?

ハムザ・ナガ(チュニジア)

チュニジア男子代表を引っ張るエース。強烈なスパイクの持ち主。

2019年のワールドカップバレー では、敗れはしたものの日本やカナダなどを苦しめた。世界的な強国になるためのキーマン。

チュニジア歴史:概要
アラブの春を呼んだ地中海の工業国

フランスから独立以降、ソフトイスラム路線を歩んだが、2010年末から長期政権に対するデモが 発生し、ベン・アリ政権が崩壊。民主化運動がアラブ各国に波及した。

近年は繊維や自動車部品製造の工業分野が成長を見せている。アフリカ屈指のサッカー、バレーボール強国。

≪チュニジアの基礎データ≫
建国年:1956年
面積:16万3,610平方キロメートル(日本の約5分の2)
人口:1,157万人
首都:チュニス

【書誌情報】
『ハンディ版 世界の国旗』
刊行:日本文芸社

2021年に開催予定の東京五輪。来日する各国の皆さんと親しくなるには、まずはその国を知ることから!!
本書はIOC加盟207カ国と地域を完全網羅。ひとめで国旗の由来や国の成り立ち、国土の広さ、人口や日本との国交、著名人からスポーツ選手まで、バッチリ分かるお得な一冊。地図もあるから、どの地域にあるかも一目瞭然!!
各国の五輪メダル獲得数も分かって、スポーツ観戦のお供に最適。メダル数ランキングまで付いています!
アジア、ヨーロッパ、南米アメリカ、オセアニア、中東、アフリカと、地域ごとに特色がみえるのも嬉しい! 大人にはウンチク、お子さんには勉強。みんなで楽しく易しく読めるハンディサイズの国旗の本です!!