SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

パッティング時に素振りをしない方がいい2つの理由とは!?

Text:松本哲也

パッティングに素振りは無用

皆さんはパッティングの際、素振りをしますか?

私が見ている限り、ほとんどの人がパターを2〜3回振って構えに入っているようです。しかし、パッティングの素振り は、あまり有効とはいえません。それどころか、素振りをしたことによってカップインの確率が下がる場合もあります。

なぜ、素振りをしないほうがいいのか?

理由は2つ。第1の理由は、パッティングの場合、自分が予定した振り幅は予行演習をしなくても表現できるからです。第2の理由は、素振りをすることで、アドレスに集中できなくなるからです。ラインを読んだ時点で振り幅のイメージもできているでしょうから、そのイメージが鮮明なうちに構えて打ったほうが、間違いなく成功率はアップします。パッティングは素振りは無しのプレースタイルがベターです。

【書誌情報】
『とことん上手くなる! パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。