SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

下半身を安定させてパッティングの精度を上げる方法とは!?

Text:松本哲也

足の指で地面に圧をかければ下半身はより安定する

「ツマ先を真っすぐ向けて、下半身をロックしましょう」という話をしましたが、実は下半身を止めるというのはけっこう大変なこと。ツマ先を真っすぐ向けていても、他のことに気を取られているとついつい動いてしまうことがあります。

そこで、下半身が動きにくくなるための方法をもう一つ教えましょう。それは、足の指全部で地面に圧をかけることです。 通常、人間が立った状態のとき、足の指はシューズの中で浮いています。その指を地面につけて圧をかける。実際はシューズの中なので、指が地面につくわけではありませんが、それを意識することで、下半身の安定度は増します。人によっては、「指先で地面をつかめ」と表現しますが、内容は同じこと。パッティングを成功させるためには、足の指の力も必要なのです。

【書誌情報】
『とことん上手くなる! パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。