SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

パッティングこそプロのマネを大いにすべき!

Text:松本哲也

プロのマネは大いにすべき

私が知っている限り、パッティングに関しては、プロのマネをしているアマチュアゴルファーは非常に少ないようです。本来、パッティングはゴルフのスイング(ストローク)において最もマネをしやすいのに、なぜ取り入れようとしないのか?そのことが不思議でなりません。

ハッキリ言って、プロのマネは大いにすべきです。もちろん、プロの中にも上手下手はありますが、少なくともツアーで戦っている選手に、“パッティングがひどい”人など一人もいません。どの選手も理に適ったグリップ、構え、ストロークをしています。

また、グリーンに上がってからの所作や動きの速さなども大いに参考にしてほしいところです。もし、お気に入りの選手がいるのなら、徹底的にその選手のパッティングを研究して、自らのプレーに取り入れてみてはいかがでしょうか。上達のスピードがアップするかもしれませんよ。

【書誌情報】
『とことん上手くなる! パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。