SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

パットを決めるための左手の握り方とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

左手の親指側の肉球がグリップの上にくるように握る

、パターはどう握ればいいのでしょうか? まず、ドライバーやアイアンでフルショットをするときの握り方ですが、左手は小指側の肉球(写真1(い))がグリップの上に乗る形になり、クラブに対して小指が直角(グローブの小指の線が真っすぐ)になります。また、アイアンの場合は、親指と人指し指を外した状態で、中指、薬指、小指の3本でクラブを支えられるのも特徴です。

 それに対し、パターは、グリップの上に親指の肉球(写真1(あ))が乗るように握ります。ただし、乗るといっても、グリップの上にわずかに乗っている感じ。そして、親指と中指でつまむように握ります。アイアンのときとは異なり、小指は斜めにグリップにあてがわれます。

 また、左手に関しては、写真2のように人指し指を必ず大きく空けておく(握らない)のもポイントになります。

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。