SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ボールの位置を確認できる最高の道具『アドレスチェッカー』とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

アドレスチェッカーでボールの位置を確認

パターヘッドの形状、およびストロークのクセにより、ボールに対してどの位置にスタンスを取ればいいかは決まります。しかし、最適な構えの位置がわかっても、毎回、その位置に構えられなければ正確なパッティングはできませ
ん。それを実現するためには反復練習が必要なわけですが、効果的に習得するために編み出したのが、アドレスチェッカーです。

大げさな名前を付けていますが、ワイヤーネットの四隅にボールを取り付けただけの物。使い方は簡単です。スタンス位置が決まったら、両足のツマ先に合わせてアドレスチェッカーを置き、そのベストボールポジションがどのマス目に当たるかを確認するだけ。私のエースパターでベストボールポジションは中央線から4センチ左で、写真のようにアドレスチェッカーをセットすると奥から4マス目。常にアドレスチェッカーで自分が正しい位置に立てているかどうかを確認しています。>

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。