SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

パットが入る確率が上がるショルダーストロークの体感の仕方とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド】

Text:松本哲也

両ヒジを軽く曲げヒジは下側に向ける

「ショルダーストロークの感覚がわからない」。そういう人は、次の方法でショルダーストロークを体感してみましょう。

 イスに座り、両ヒジを軽く曲げて、ヒジの骨を下に向けて(両手のひらを上に向ける)、両手を胸の前で合わせます。そして、背骨を中心に肩を横回転します。これが正しいショルダーストロークの感覚です。

 最初のセットの際、ヒジを伸ばしていると、回転するとき、とても固い動きになります。また、両ヒジが外を向いた状態(甲が上を向いた状態)だと肩よりもヒジが大きく動いてしまい、正しいショルダーストロークにはなりません。

さらに付け加えれば、両脇を締めるのもお勧めできません。というのも、両脇を締めると可動域が狭まるからです。ふくよかな人は、意識しなくてもワキがくっつくでしょうが、それはそれでOKなので、無理に空けないように。

出典:『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』著/松本哲也

【書誌情報】
『とことん上手くなる!パッティング家練メソッド』
著者:松本哲也

ゴルフのパットがうまくなるために、1アドレス(構え方)、2ストローク(打ち方)と距離感、3グリーンの読み方を写真を交えてその方法をわかりやすく解説。ラウンド当日の練習方法も、5分間~20分間の練習時間別に紹介。パッティングは、グリーンの傾斜を読む力、その感性を育むために必要な基礎技術をこの本で体得していただきたいと願いながら書きました。技術と感性が向上し、スコアアップに、そしてゴルフのおもしろさアップにつながりましたら幸いです。