SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

勇気を持ってクラブを後ろに倒してスイングすべき理由とは!?【三觜喜一スウィングの流儀】

【MITSUHASHI TV】再生回数ベスト15レッスン

●「勇気を持ってクラブを後ろに倒そう!」

「クラブを倒す」はみなさんが注目しているようで、「MITSUHASHI TV」でもこの回は、かなりの視聴数になっています。

この動画を見て実践するためには、スイングのイメージを正しく持っている必要があります。

スイングについて、体は横回転し、クラブは縦に動くと考えているゴルファーは少なくありませんが、この考え方をしていると切り返しでクラブは倒れません。

アドレスから体が横回転するとクラブは内側に入り、そこからボールを打つためには腕をリフトアップしてクラブを上げた後、外からボールを打つしかありません。内側に入ってきたものをさらに内側から戻そうとするとボールに当たらないからです。 つまりゴルフクラブに適正に遠心力を発生させ、切り返しでシャフトを倒してから下ろしてくるには始動で体が横に動いてはダメなのです。

始動で体が縦に動き、ダウンスイングで再び縦に動くことによってクラブは横に動き、切り返しで後ろに倒れるのです。 ですから、スイングの始動で体の縦旋回を積極的に行ってください。そこから止まらずに動けるようになれば、クラブは切り返しで勝手に倒れてくれると思います。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。