SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

時間差を作って飛距離アップできるアマチュアが苦手な「ラグ」とは!?【三觜喜一スウィングの流儀】

【MITSUHASHI TV】再生回数ベスト15レッスン

●『「時間差」を作って飛距離アップ』

飛距離を出すためには「ラグ」といって、上半身と下半身の動きに時間差を作ることが必要となります。

ところがアマチュアはこのラグを作るのが苦手で、そのために本来、飛ばせるはずの飛距離を獲得できないのです。

なぜできないのかというと、目の前にボールがあるからです。ボールがあるとどうしても「当てたい」という気持ちが先に出ますから、下半身を止めて手先でクラブをぶつけにいきます。

しかもうまく当てようと思ってインパクト直前で減速しますから、当然スピードを出すことはできません。

ですからスピードを上げて飛距離を出したいと思ったら、目標方向にクラブを投げるつもりでスイングをすることが大事です。遠くに投げようとすると誰でも必ず下半身が左サイドにシフトしてから腕を振ります。こうすると手首のタメもできますし、左の軸をしっかり作って叩ける体勢にもなります。

ドライバー・ショットでは特に、下半身を積極的に使ってクラブを放り投げる感覚が必要なので、普段から練習しておきましょう。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。