SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

大抵の人はスライスしてしまう原因とは!?【最強不変のスイング法則/森守洋】

Text:森守洋

右前腕を右に回せばトップでクラブがクロスしない

前腕の使い方が悪いとスイングの前半にも影響が出ます。たとえば、テークバック以降で左腕を無理やり伸ばすと力んで力が入り過ぎ、前腕部が内側に回ります。右前腕が右に回っていれば問題ありませんが、力が入っているから左に回る。すると左手首が甲側に折れてフェースが開きます。これがトップでクラブがクロスした状態。トップで両手がケンカしています。

このタイミングで力が入ると、あとは抜ける一方。大抵の人はフェースが開いたまま打ってスライスします。また、それを嫌がってボールをつかまえにいくと手首をコネる。こうして両手のケンカによりスイングが負のループにハマっていくのです。

最終的にはタイミングの問題ですが、原因はインパクトで左腕の使い方が悪い、あるいは右手の力が強過ぎるかのどちらか。スイングが詰まる、ヘッドが走らないと感じるときも、このパターンで両手がケンカしています。

【書誌情報】
『最強不変のスイング法則』
著者:森守洋

ミスの原因となる両手の動きと右腕、左腕の正しい動かし方を写真で解説します。さらに、そのステップアップとして手首と肩の振り子運動による、スイング解説も行ないます。「ダウンブロー打法」で注目を集める森プロによる、手の動きにフォーカスしたゴルフレッスン書は、アマチュアゴルファー必読の一冊です。