SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

正確にボールを捉える為にクラブが下がっていないかをチェックする方法とは!?【一生ブレない身体のスイング/永井延宏】

Text:永井延宏

遠回りしている軌道をあぶり出す

クラブが下がっていないかをチェックする方法をご紹介しましょう。ボールに対して普通にアドレスしたら、両つま先の延長線上の左側にもう1つボールを置きます。この状態からバックスイングをしたら、背中の方向に向かって2つめのボールを打ちます。インパクトゾーンの入り口で手元がヘッドよりも下がってしまう人は、ボールを打てません。

打てる人のクラブの軌道は、もともと背中方向に打つ場合のプレーン上を動きますが、打てない人の軌道は遠回りして下りてきます。

2つめのボールを打つためには、グリップが右ポケットの前まで下りてきたときにヘッドがグリップより上にあることが必要になってきます。そうすれば1つめのボールも、2つめのボールも打てるのです。

右足の前に置いたボールを右手だけで打つドリルでも遠回りの軌道をあぶり出せます。ウェッジで行うのですが、外回りしている人はターゲットの左に飛んでしまいますし、内回りしている人はターゲットの右に飛びます。まずは自分の状態を自覚するために、このようなチェックを行うといいでしょう。

【書誌情報】
『一生ブレない身体のスイング』
著者:永井延宏

ゴルフのスイングはゴルフクラブと自分のバランスが大切。最新のクラブヘッドが大型化するにつれて、クラブに働く力と自分の力を均衡させることが重要になっている。この本では、最新のクラブを題材に、いまのクラブに合ったボールの打ち方を写真でわかりやすく解説。さらに、クラブに働く遠心力など、見えない力に負けない身体の効率的な使い方を練習ドリルとともに紹介。「入れ替え動作」という、身体の動かし方を写真でくわしく説明している。