SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

クラブを極端に左右に振る練習の効果とは!?【大人のゴルフ練習帳/中井学】

Text:中井学

最初に紹介したい「極端なこと」は、クラブを自分でも極端に感じるくらいにクラブを右や左に振る練習です。右に振るときは目標に対してクローズスタンスに構えます。ポイントはフェース面を目標方向に向けておき、肩のラインも飛球線に対してスクエアにセットすることです。スタンスだけをクローズにし、あとはスタンスの向きに沿ってクラブを右に振っていくのです。通常のレッスン的に説明すれば、極端にインサイドアウトに振るわけです。

クラブを左に振る練習はスタンスだけをオープンにセットし、フェース面は目標に向けて、肩のラインをボールと目標を結ぶターゲットラインに対して平行にセットします。そしてスタンスの向きに沿って、極端なくらいにアウトサイドインに振りましょう。この練習のポイントは肩や腰、フェース面はスクエアにセットしておいて、スタンスの向きだけを極端に右や左に向けておく点です。

球を「つかまえる感じ」や「逃がす感じ」を体感しよう

クラブを右に振った場合はボールがしっかりつかまる感じが体感できますし、左に振ればボールを少し逃がし気味に打つ感じがつかめます。クラブを極端なくらい右や左に振っても、肩のラインをスクエアにセットして構えるので、スイングの軌道や方向性がそれほど乱れるわけではなく、クラブをコントロールする感覚に磨きをかけることができます。

肩や腰もスタンスと同じ方向に向けてしまうと、自分が思った以上に右や左に飛び出し、方向性や球筋が安定しにくくなります。これではコースで使えるスイングとは到底いえません。

【書誌情報】
『週1回30球で上手くなる!大人のゴルフ練習帳』
著者:/中井学

20年間に渡り多くのアマチュアゴルファーを指導してきた著者の中井学プロ。彼らから聞く声で一番多いのが「一生懸命練習しているのに、なかなかスコアアップできない」という言葉。上達するには練習は欠かせませんが、その成果が表れないのはもったいない練習をしていて、もう少し練習を工夫すれば、もっと早く上手くなれる」とプロは言います。要は練習の無駄を省けば効率が上がり、それだけ上達のスピードも上がるわけです。この本では、「週1回、それも30球程度」で身に付けられる練習の仕方を写真を交えて紹介しています。「ドライバーと9番アイアンによるスイングづくり」「練習場でつかめる的確なボール位置」「上下左右に球を打ち分ける」など、スコアアップに結びつく効率的な練習法が載っています。本書で「練習をスコアに変える」方法を身に付けましょう。