SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

投球動作で腹圧を発揮するイメージを養う筋トレ『ローテーションローイング』【革新的投球パフォーマンス】

Text:高島誠

筋力トレーニング②
ローテーションローイング(ダンベル)

【ナゼやるの?】ダンベルを地面に対して垂直に引き上げながら、投球動作の中で腹圧をいかに発揮するかというイメージを養う。腕を外旋させながら引き上げることも重要。

左手と左足を台に着け、胸郭が引き伸ばされた状態に。ダンベルを持った右手を外旋させて垂直に引き上げていく。お腹の力もうまく使おう。


腹圧を使い、胸郭周辺の筋肉を収縮させながら腕を外旋させながら垂直に引き上げていく。かかとが浮くくらいの重心位置。肩を開かないように。


出典:『革新的投球パフォーマンス』高島誠

『革新的投球パフォーマンス』
著者:高島誠

「高校生なら誰でも140km/hを投げられるようになる」という命題に明確な回答をする超実践本!近年成長著しい広島県私立武田高校で強化メニューを担当するトレーナーの高島誠の下には、山岡泰輔投手や高橋礼投手というプロの投手たちもシーズンオフにトレーニングにやって来ます。高島はどんな指導をして成長に導いているのか。その考え方や練習&トレーニング方法を写真とQRコードで詳しく解説!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内