SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPに繋がる『バックスウィングでクラブを鎖骨に乗せるドリル』とは!?【坂本龍楠の“飛脚”ドリルで飛距離アップ】

重力も使えて回転スピードも上げる“飛脚ドリル その1

●バックスウィングでクラブを鎖骨に乗せる
クラブのヘッド側を持ち、クラブを振り上げ、肩に荷物を担いで走る飛脚のようにクラブを右の鎖骨に乗せましょう。

このようにクラブを担ぐと、身体の幅の中にシャフトが立っている状態を無意識で作ることができ、バックスウィングの適正な方向や、正しいトップの位置を覚えることができます。

また、この動きを意識すると、骨盤の可動域も広がります。やってみるとわかると思いますが、身体が回っていない状態ではクラブを鎖骨に担ぐことができないからです。

飛距離アップのためにも、まずはバックスウィングで、クラブを鎖骨に乗せるという動きを繰り返しやってみてください。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.12』

【レッスンプロ情報】
●坂本龍楠
1981年神奈川県生まれ。オーストラリア仕込みのゴルフ理論でレッスンを展開。2011年、日本プロゴルフ協会のティーチングプロ資格を取得。プロ、アマを問わず数多くのゴルファーを指導するかたわら、「YouTube」にレッスン動画を公開。悩めるゴルファーの救世主として絶大な人気を集めている。現在、新宿御苑ゴルフスタジオ (http://ryunangolf.com/)主宰。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.13』4月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内