SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

遠心力が最大限に働き、飛距離がUPするスウィングを手に入れるドリルとは!?【菅原大地のサイコースウィング】

クラブの基本的な動かし方が身につく“左手は押す、右手は引く”体感ドリル

クラブを始動させるとき、左手は地面の方向に押し、右手は身体のほうに引っ張ることでヘッドを上昇させるというのが、基本的なクラブの動かし方。

そしてグリップは、この動きがきちんとできるように握るのがポイントです。

また、正しく握っていれば、ワキが締まって腕と身体の一体感が生まれ、身体が動けばクラブも動きます。

この「左手は押す、右手は引く」を体感するためのトレーニングを紹介します。

左手でグリップを握り、右手は左手から少し離して持ち、左手は押し込み、右手を引くとクラブは立ちます。

この状態をキープしたまま身体の正面でクラブを動かしましょう。アイアンではクラブが垂直に立つような押す引くのバランスが大事です。

一方、ドライバーの場合は、手首を柔らかく使うことと遠心力を働かせるため少し力をゆるめ、クラブが地面と平行になるくらいでバランスを取り、身体の正面でクラブを左右に動かします。そうすれば遠心力が最大限に働き、飛距離アップが実現します。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.12』

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.13』4月28日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内

オススメ記事