SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPを実現するサイコースウィングを身につける為のダウンスウィングからインパクトでの力の入れ方とは!?【菅原大地のサイコースウィング】

菅原大地が贈る究極のレッスン/力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

今回は、“サイコースウィング”を実現するためのとっておきのドリルを大特集。このドリルをしっかりやって、自分史上最高の“飛び”を手に入れよう!!

【サイコースウィング実現ドリル4】ダウンからインパクトでの力の入れ方を覚える

●正しく力を入れれば左ワキ腹に張りを感じる
ダウンスウィング~インパクトでの力の入れ方をマスターするためのドリルです。ドライバーのヘッド側を持ち、身体を右にひねっておき、グリップエンドを右足の内側に付け、お腹を右下に向けたまま地面に向かって力を入れます。まずは両足に力を入れ、両ヒザを左に向けて、そして左足に力を入れる。同時にお腹も少し左を向くようにします。次に左手を思い切り下げ、右手は自分のほうに引っ張ります。

これがダウンスウィングからインパクトにかけての正しい力の入れ方です。左のワキ腹やお尻・太モモ裏にしっかり張りが感じられるようにしましょう。そして最後に力を解放する。このとき手元が目標方向に放たれればOK。グリップエンドが目標方向を向く場合、力が横にかかっている証拠なので修正してください。

【1】クラブを逆に持ってグリップエンドを地面に付ける
身体を右にひねった状態でグリップエンドを右足の内側に付け、お腹を右下に向けたまま地面に向かって力を入れる。さらに両足に力を入れ、左足に力をかけながらお腹も少し左を向くようにする。


【2】左手は地面に穴を開けるつもりで押し右手は自分のほうに引っ張る
左手は下、右手は手前のバランスを取りながら、力をグリップに集中させる。左ワキ腹やお尻・太モモ裏に張りが感じられれば正しい方向に力をかけている証拠。このとき頭が下がりすぎないように注意。


【3】最後に力を解き放つことでヘッドが走る
下向きに力をかけていれば、解放したときに手元が前に出る形になってヘッドが走る。グリップエンドの下に布団やクッションを置けば、自宅でも実践可能。


コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.12』2月24日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

芝山ゴルフ倶楽部 視察プレーのご案内

オススメ記事