SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

初級者から上級者までおススメ!基本が確認できる「左手片手打ちドリル」とは!?【三觜喜一のゴルフスウィングの“当たり前”教えます!】

基本が確認できる「左手片手打ちドリル」

スウィングの基本が身に付くドリルを紹介しましょう。

それは「左手片手打ちドリル」というもので、左手1本でボールを打ちます。

クラブ(7、8番アイアン)を短く持ち、腰~腰の幅でクラブを振ります。

左手1本で正確にボールを打つには、クラブを引き続けることが大事。

インパクトは通過点と考えてクラブを動かし続けることです。

フォロースルーでも、自分とクラブが引っ張り合っている感覚を持ってください。

また、このドリルでも先に解説した「左ハンドル」と「身体のタテ回転」を意識してください。

左手片手打ちドリルでは、スウィングの基本ができているかどうかを確認できます。

これができなければ、たとえナイスショットが打てても、それは“たまたま”で、正しいスウィングが身に付いていないことになります。

ですので、初級者から上級者までレベルに関係なく、ぜひやってほしいと思います。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.6』2月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。