SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

クラブを速く振るためのドリルとは!?【三觜喜一の飛距離アップ術/ゴルフレッスンプラス】

三觜喜一が教える飛距離アップ術
飛ばしたかったらクラブを
速く振ることだけを考えよう!

「もっと飛ばしたい!」。ゴルファーなら誰もがそう思う。しかし、これがなかなか上手くいかない。原因は、体力がないからか、それともスウィングに問題があるからか。 はたまたクラブのせいか。この質問をカリスマコーチ、三觜喜一プロにぶつけてみたら、「速く振ろうとしていないからだ」という答が返ってきた。 速く振るというのはどういうことか? どうすれば速く振れるのか?どんなレベルのゴルファーでも飛距離アップが実現するメソッドを教えてもらった。

速く振れているかどうかはヘッドの戻ってくる位置でわかる

●右手1本でボールを打つことができれば合格

<幡野> 速く振れるようになるための練習ってあるんですか?

<三觜> 速く振ればいいだけなのでドリルの数は限られる。まずはひたすら棒を振ることだね。棒はアライメントスティックがベストだけどクラブのヘッド側を持って振ってもOK。右手1本で加速感を感じながら素振りをする。そしてある程度振れるようになってきたら、板状のものを叩く。これも打つのではなく速く振る意識でやる。

<幡野> 障害物があるとついつい当てにいきたくなりますね。

<三觜> もちろん、当てることを意識してはダメ。とにかく速く振る。この練習をやって、右手1本でも両手でも常に同じ位置に当たるようになったら速く振れてきた証拠。その次のステップとして今度は右手1本でボールを打つ。

<幡野> スティックで? それも右手1本だけで?

<三觜> そういうこと。最初は当たらないと思うけど、スティックの先端が加速していれば、右手1本でも普通に飛ぶようになるものだよ。

<幡野> え~! まったく当たらないんですけど。どうしてですか? スウィングが悪いから?

<三觜> 幡野プロの場合、考え方も身体の動きもゴルフに染まってしまっているのも当たらない原因。速く振ることを阻止する動きが入ってしまうので、棒で石ころを打つという単純な作業ができなくなっている。

<幡野> ということは、ゴルフスウィングをしちゃダメってこと?

<三觜> 考えるべきことは、速く振ることだけ。余計なことは一切しなくていい。さっきも言ったように、速く振れていれば再現性も高くなり、ボールに当たるようになるんだよ。

<幡野> もし、当たらなければ?

<三觜> もう一度、右手1本素振りに逆戻りかな(笑)。右手1本でボールが打てるかどうかはスウィングの肝となる部分だから、絶対にできるようにならなきゃダメだよ。

<幡野> は~い、がんばりま~す!

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.3』9月10日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。