SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛ばしたいなら!フィンガーで強く握れ!【浦大輔の『かっ飛び』インパクト/ゴルフレッスンプラス】

浦大輔の『かっ飛び』インパクト

人気YouTuberプロ浦大輔の飛ばしのレッスン。今回はグリップからバックスウィングまでをじっくり解説。その正しさは浦プロ自身の飛距離で証明済み!浦メソッドでかっ飛ばそう!

【STEP1】グリップ
飛ばしたいなら!
フィンガーで強く握れ!

●強く叩くためには強く握ることが大事

僕の飛ばしのメソッドは、「クラブを速く振る」ことよりも「ボールを強く叩く」ことを重視しています。もちろんへッドスピードは重要ですが、それに加えてボールを芯でとらえること、そしてインパクトの衝撃力を大きくすることがとても重要になります。

とくに「衝撃力」は飛ばしの重要なフアクターなので、それに耐えうるグリップを作ることは、飛ばしにおいて不可欠なポイントといえます。まず、グリップは強く握ってください。

「ゆるゆるでないとヘッドが走らない」という指導も耳にしますが、それははっきり言って大間違いです。野球のバットでもハンマーでもいいですが、モノを速く振ろうとか強く叩こうとしたときには、手にしっかり力が入ったほうが速く振りやすいし、強く叩きやすいと思いませんか? ゴルフだって同じなんです。

そして飛ばしを重視するなら、グリップを指主体のフィンガーグリップで握ること。 左手は指の付け根付近でグリップを持ち、必ずショートサムで握ってください。右手は親指と人差し指が大事。インパクト付近ではこの2本の力でクラブを押し込みますし、切り返しの際にクラブを受け止めるのもこの2本。 トップでは右手の親指と人差し指でできる「V字」部分でクラブを支えるので、右親指は必ずグリップの左に添えてください

【右手】“V字”を締めて指先でつまむように

親指をグリップの真上に乗せず、左側にズラして添えることが重要。トップでは右手の親指と人差し指でできる「V字」部分にクラブが乗るので、ここを締めてグリップすることも大事。

【左手】ショートサムのフィンガーグリップ

切り返しでは右手の「V字」部 でクラブを受け止める。インパクトでは右手のひらがグリップから浮いてもOK。親指と人差し指で、しっかりクラブを押し込もう。

【DRILL】切り返しのトレーニングをしよう

右手の指でクラブを持ち、クラブの重さを感じながら、ヒジから先の動きで切り返しの動作を練習しよう。「V字」部分でクラブを受けて止めるトレーニングになるので、飛距離アップには非常に効果大。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.3』9月10日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。