SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

クラブがスムーズに振れるようになる握り方とは!?【福田尚也のナイスショットを骨で打つコツ/ゴルフレッスンプラス】

骨にまかせればパワーは最大限発揮できる!

「飛ばしてやろう!」と思うと筋肉に意識がいって、肩や腕がどうしても力んでしまう。「体を効率よく動かすには骨を意識するといい。パワーだって発揮しやすくなりますよ」と教えてくれたのは福田尚也プロ。今こそ本当の開眼のときだ!

手のひらの真ん中を搾れば体の中心と腕が一体化する!

●グリップを作るときも手の骨格をイメージ

グリップを作るときも骨格をイメージすることが大切です。「グリップは指のほうで握るイメージがいい」とか「手のひらでワシづかみするような握り方はダメ」などといいますが、体を効率よく動かすにはもっと重要なポイントがあります。それは手のひらの真ん中を搾るように締めるということ。イメージはレモン搾りです。手の骨格を意識して手のひらの真ん中を締めて小指側から握るのをベースにして、小指側に力点を置きましょう。小指に力を入れるということではなく、小指側を締めておく感覚です。手のひらの真ん中を締めてグリップを作ればワキが自然に締まってきます。そして手や腕、肩周り、胸の中心までが一体化して、胸やお腹を回すだけでそれぞれの部位が一緒に動いてくれます。肩や腕など上体の筋肉から余分な力が抜けてクラブがスムーズに振れるようになります。骨格がうまく連動することで動きの効率がよくなるのです。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.4』10月29日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●福田尚也
1968年神奈川県生まれ。2006年プロ入会。JPGA公認A級ティーチングプロ。2015年PGAティーチングアワード優秀賞受賞。神奈川県を拠点にジュニアゴルファーを中心に多くのアマチュアゴルファーを指導している。