SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ヘッドが加速しまっすぐ飛ぶスイングを作り出すには!?【三觜喜一の飛距離アップ術/ゴルフレッスンプラス】

三觜喜一が教える飛距離アップ術
どうすれば速く振れるかを教えます!
飛ばしに必要なのはフェースターンとアーリーリース

「飛ばすためには速く振ることだけを考えればいい」と三觜喜一プロは言うが、アマチュアゴルファーとしては身体の動きも気になるところ。そこで、ヘッドが加速しているとき、身体がどんなふうに動いているかを教えてもらった。

ヘッドを加速していれば、右手1本打ちでもまっすぐ飛ぶ

●合わせにいく動きをするほどボールはまっすぐ飛ばない

<三觜> どう? 少しは速く振れるようになった。

<幡野> もちろん。練習をしたんで相当速くなりましたよ。

<三觜> では、その言葉にウソがないかテストをしてみるか。

<幡野> それはヤバイかも!

<三觜> ドライバーを右手で持って片手打ちをやってみて。

<幡野> これで何がわかるんですか?

<三觜> 先端が加速していれば右手1本で打ってもまっすぐ飛ぶ。しかし、当てにいく人はまともに当たらないか、右にすっ飛んでいってしまう。

<幡野> 当てにいっている人がかえって当たらなくなるというのは皮肉なもんですね。でも、なぜ片手?

<三觜> 両手でクラブを持っていると、瞬間的に帳尻を合わせられるからね。片手だとそうはいかないけれど、しっかりヘッドが加速していればフェースがちゃんと元に戻ってくるのでまっすぐ飛ばすことができる。

<幡野> なるほど。では、打ってみますね。おっと、ちょっとフック気味で左に飛んじゃいましたけど。

<三觜> つかまって左に飛ぶというのはしっかり振れている証拠。だから一応合格点をあげよう。

<幡野> やった!

<三觜> 幡野プロくらいのレベルになると、基本的には左手しか使ったことがないという人が多く、左手でリードすることを身体が覚えてしまっている。しかし実際は、補助的な右手も使わないと、振り遅れて間に合わなくなってしまうんだよね。

<幡野> 確かに、今まで右手なんか意識したことなかったな。

<三觜> でも、だからといってそんなに右手を意識することはないんだよ。大事なのは…。

<幡野> 速く振ろうとすることですね。

<三觜> おお、わかってきたじゃない。ここだけの話、本当は身体の動きなんてあまり考えなくていい。「速く振ろう」とさえすれば、自然といい動きになってくる。

<幡野> そういうものなんですね。私ももっと速く振れるよう練習します。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.4』10月29日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。