SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

簡単なようで実はできていない正しいアドレスの構えとは!?【中村俊介のコンディショニング講座/ゴルフレッスンプラス】

スウィングづくり前に、まずはカラダづくり! 飛距離アップのためのコンディショニング講座

多くのゴルファーが夢見る飛距離アップ。しかし、いくらツアープロやインストラクターのレッスン記事を熟読し、練習に取り入れても結果が出ない……。記事を何度も何度も読み直すよりも、カラダのコンディショニングを見直してみよう。

簡単なようでも実はできていないアマチュアが多数

●あなたは、ちゃんとしたアドレスがとれますか?

アドレスでは股関節の角度が大切。姿勢を正したまま前傾し、骨盤を前に倒すと、胸の前に空間が生まれ、ふところが広くなる。腰の位置はカカトより少し後ろ。手が肩の真下にくるが、ここで手を組むともっとも力が抜けた状態になり、リラックスしたアドレスになる。

腰を反ったアドレスは一見正しいようだが、股関節を使えていない

ヒザが前に出たアドレスでは、ふところがなくなってしまう

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.4』10月29日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【出演者情報】
●中村俊介
筑波大学大学院でスポーツ医学を学び、2006〜09年に片山晋呉プロの専属トレーナーを務める。その後は各種競技の代表選手のトレーニング、コンディショニングを指導。現在はJLPGA ツアーに帯同し、女子プロのコンディショニングを行う。東京・港区に2020 年7月にオープンした「LinkPerformance Studio」(http://link-inc.tokyo)ではヘッドトレーナーを担当