SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

フェースターンやシャフトのしなりを生むグリップの動かし方とは!?【菅原大地のサイコースウィング/ゴルフレッスンプラス】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

レッスン界の風雲児ともいわれている菅原大地。その人気の秘密は、アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方にある。そんな彼の口癖は、「力がなくても飛ばせるスウィング」(=サイコー“最大効率”スウィング)。効率のいいスウィングをすれば、誰でも飛ばせるようになるというのだ。果たしてその方法とは?飛ばしのコツをわりやすく教えてもらった。

正しいグリップができていなければ、
腕と身体との一体感は生まれない!

●身体が動けば手元が動く握り方が正解

グリップが大切だということを知っている人は多いはず。しかし、なぜ大切なのか、またどんな役割を担っているのかを正しく理解している人は少ないように思います。 まず頭に入れておいてほしいのは、両手でクラブを持ったとき、左手は地面の方向に押し、右手は身体の方に引っ張るという力を加えるということ。この両手の引っ張り合いによって、ヘッドを上昇させるというのが、基本的なクラブの動かし方で、この動きがあることでフェースターンやシャフトのしなりが生まれるのです。そして、この動きが正しくできるようにするのが、グリップの役目ということになります。

また、正しく握っていれば、ワキが自然と締まるようなテンションがかかるので、腕と身体との一体感が生まれ、「身体が動けばクラブも動く」ようになります。つまり、アマチュアがよくやる手打ちもなくなるということです。重要なポイントはいくつかありますが、身体と連動して動くグリップを目指して練習をしてください

 

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.4』10月29日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ