SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

大きな捻転差が生まれ飛距離が伸びる正しい前傾姿勢を作り方とは!?【菅原大地のサイコースウィング/ゴルフレッスンプラス】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

レッスン界の風雲児ともいわれている菅原大地。その人気の秘密は、アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方にある。そんな彼の口癖は、「力がなくても飛ばせるスウィング」(=サイコー“最大効率”スウィング)。効率のいいスウィングをすれば、誰でも飛ばせるようになるというのだ。果たしてその方法とは?飛ばしのコツをわりやすく教えてもらった。

正しい前傾姿勢を作ることで、
大きな捻転差が生まれて飛距離が伸びる!

●重心はやや前寄りで拇指球に乗せて立つ

前傾に関しても、多くのゴルファーが何気なく身体を前に倒しているようですが、それでは正しいスウィングになりません。前傾の最大のポイントは、骨盤をしっかり前に倒すことです。そうすると、太モモの裏(ハムストリングス)からお尻にかけてテンションがかかってくるはず。この姿勢を作ることで、肩は捻れるけど下半身が抵抗できるようになり、飛びの原動力となる〝捻転差〟が生まれます。また、前傾したとき、足の真ん中から拇指球あたりに重心が乗ることも大事。カカト重心になると骨盤の傾きも変わってくるし、下半身が不安定になるからです。前傾姿勢に関しては、これだけのことを守れば誰でもプロのようにカッコイイ姿勢になるはず。アマチュアの場合は、下半身がリラックスし過ぎている傾向があるので、お尻と太モモ裏の張りを意識しながら前傾を作るようにしましょう。

 

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.4』10月29日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ