SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ドライバーショットでスライスと引っかけをなくす方法とは!?【三觜喜一スウィングの肝教えます】

ドライバーショットのミスの原因は、アドレスにもある!?

スライス、引っ掛け、テンプラ等々、ドライバーショットのミスはさまざま。その原因は、自分のスウィングにあると思うゴルファーが多いと思いますが、実は、ミスが出るようなアドレスをしていることも原因としてあります。

まず、スライスが出るゴルファーの構えのチェック方法を紹介します。

第一に左右の肩の高さです。スライスボールが出る人は左右の肩の高さが同じで、視点が目の真上にきてしまい、クラブを振るとヘッドの最下点がボールにきてしまいます。そのまま打つとミスになりそうなのでそれを避けるためにフェースが開いてしまい、スライスになるのです。

ですので、アドレスで背骨のラインが右に傾くように構えることがポイントになります。その方法は、クラブを身体の中心に当てて右に傾けて背骨の角度を考えてアドレスに入ること。身体の傾きをちゃんと作ることが第一のポイントになります。

次は両肩のラインの方向です。スライサーは両肩のラインが左を向いて構えがちです。アドレスに入る時、目標を身体ごと向けてしまい、その結果身体の右サイドが前に出てクラブを振るとカット軌道になってしまうのです。ですので目標を見る際は顔だけ向けるようにして、身体が目標に持っていかれないように注意しましょう。

2番目は、構えの時に右手を伸ばしすぎてしまうこと。そうすると右のヒジが左ヒジより前に出てしまい、右手が被って構えることになり、そのままではクラブを振りづらいのでフェースを開いて振ってしまいます。

次に引っ掛けボールが出るゴルファー。その原因の第一は、右肩は下げて構えているのですが左肩が前に出ていることです。 

3番目は、左肩から手先のラインがが内側を向いていること。そのため、あおるような打ち方になり引っ掛けボールが出てしまいます。ですので、左の上腕、前腕部を外に向けると左肩が下がり振り抜きやすくなります。引っ掛けを防ぐ方法として、ぜひ取り組んでみてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●三觜喜一
1974年神奈川県生まれ。日本プロゴルフ協会認定ティーチングプロA級。1999年よりジュニアを精力的に指導。独自のエクササイズやドリルが多くのゴルファーから共感を得ている。辻梨恵をはじめ多くのツアープロも指導。2014年、日本プロゴルフ協会ティーチングプロアワード功労賞受賞。

●幡野夏生
1997年神奈川県生まれ。11歳からゴルフを始める。2015年9月よりKLPGA(韓国女子ゴルフ協会)でプロデビュー。日本人初の韓国ツアープロとして注目を集める。19年は国内レギュラーツアーの富士通レディースで5位に入るなど健闘。現在、国内ツアーのプロテスト合格を目指して奮闘中。