SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ヘッドスピードが上がって飛距離もUPするダウンスイングとは!?【菅原大地のサイコースウィング/ゴルフレッスンプラス】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で人気急上昇中の菅原大地。第2弾となる今回は、スウィング編。「サイコー(=最大効率)スウィング」で飛ばすための身体の動かし方をマスターして、大きな飛距離を手に入れよう。

ヘッドの遠心力を感じながらクラブを下ろす!!

●手には余計な動きをさせないことが大事
肩を45度回したところでテークバックを終了し、あとは惰性でクラブを上げていく。その間に、お腹を左下に向けることで切り返しをスタートする。しかし、クラブはそれまで右に行こうとしていたので、急には戻らず、身体の後ろから身体に巻き付くような感じで低い位置をゆっくり下りてくる。このような動きができるようになれば、スウィングは安定して大きなミスも生まれません。この動きを実現するために意識したいのが、手に余計な動きをさせないことです。特にダウンスウィングでは、手でクラブを動かそうとせず、ヘッドの遠心力を感じながら振り下ろす。そうすればクラブの動きもスムーズになり、ヘッドスピードが上がって飛距離もアップするはずです。

●遠心力を感じながらクラブを下ろせばヘッドは自然と低い位置に下りてくる
ダウンスウィングでは、クラブをコントロールしようとしないこと。このとき両手に力を入れず、アドレス時と同じ力感でクラブを握ることも大事。

●手の力を使って打ちにいくと身体が起き上がりやすくなる
ダウンスウィングで右手を押したり、手でヘッドをボールに向かわせようとすると、身体が起き上がってしまい、軌道が乱れるし、ヘッドスピードも減速する。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.5』12月23日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー