SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛ばしの絶対条件はインパクトで左足を右斜め上に蹴る!【浦大輔の『かっ飛び』インパクト/ゴルフレッスンプラス】

浦大輔の『かっ飛び』インパクト

浦大輔の飛ばしのレッスン第4回は飛ばしに不可欠なエッセンスを3つピックアップして紹介する。力強いインパクトで目指せ300Y!

【飛ばしの絶対条件】
トップで右親指が首のつけ根を指す!

●エネルギーを受け止めて逃がさないための動き
切り返しで右足を蹴って生じたエネルギーを逃がさずに受け止め、スウィングのスピードに変換するために重要なのが「左足の蹴り」だ。

●左足に乗り切る前に思い切って地面を蹴る
飛ばしのためのもう1つの条件は、インパクトの瞬間の左足の蹴りです。切り返しでは右足で地面をしっかり蹴ることは繰り返し述べてきましたが、その直後に右足の蹴りのパワーを受け止めるように左足で地面を蹴ることができれば、そのエネルギーを回転に変換し、スピードアップすることができます。ポイントは身体が右斜め上に跳ね上がるように斜め方向に蹴ること。左足が地面から浮くくらい思い切って地面を押すことが重要です。このときは左のヒザから太モモを使って地面を押すイメージ。左ヒザが右斜め上方に動くような感じです。切り返しの右足はツマ先を使いましたが、インパクトで左ツマ先で蹴ってしまうとヒザ下が止まってスムーズに回転できません。ダウンスウィングで左に体重が乗り切る前に思い切って地面を蹴りましょう。

 

ダウンスウィングで上半身はクラブを振り下ろすために上から下の方向にパワーを使っています。下半身はこれと反して下から上に身体を蹴り上げるように使って相殺することで、前傾を保って大きなパワーを生むことができます。まずは下の写真のように、クラブを持たずにフットワークの練習をしてください。切り返しでは右ヒザ蹴りの要領で右ツマ先を踏み、その直後に左足を蹴る。これをスウィングに取り入れてください。

左足のヒザから太モモで身体を右上に蹴り上げる

左足はツマ先ではなくヒザや太モモを使って身体を右斜め上に押し上げるイメージ。左足のヒザ下を止めずに外旋させるようにしてパワーを受け止めつつ回転に変換していく。

【Point】下半身は上へ上半身は下へエネルギーを出す
下半身は下から上にパワーを出すが、上半身は上から下にパワーを出すので前傾がキープされる

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.5』12月23日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー