SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛ばすバックスイングを作る肩と上半身の動きとは!?【吉本巧のアクシス理論でもっと飛ばせ!/ゴルフレッスンプラス】

アクシス(軸)理論でもっともっと飛ばせ!

合理的な理論と的確な上達法を提供し、「飛距離が伸びた」「ミスが減った」「スコアが良くなった」と喜びの声を集めている人気コーチ、吉本巧。普通のゴルファーみんなができる「シンプルにボールが捕まるメカニズム=アクシス(軸)理論」を今回から紹介していく。第1回はアドレスからバックスウィング!

飛ばすバックスウィングのための肩と上半身の動きのポイント

【GOOD】左肩を下に動かせばアゴの下で大きく回れる

 

動き始めの方向で飛ばせるバックスウィングになるかどうかが決まります。左肩は下へ向かって回るのが正解。左肩はよく回り、スタンスの真ん中を越えて右足側に入ってくるのが理想です。

【BAD】左肩が真横に動くとアゴが邪魔で回転できない

 

直立していれば両肩の回転は水平です。でも前傾した状態で肩を水平に回すとアゴが邪魔になり、回転が止まります。それでもさらに回そうとすると肩が顔を押し上げ、前傾が起きてしまいます。

左肩低く移動ドリル

●左腕が地面と平行になるまでに左肩が身体の中心より右側に入る
スタンスの中心に棒を置いてアドレスし、バックスウィングします。左腕が地面と平行になるまでに、左肩が棒を越えて右足側に回り込んでいくのが理想です。

【NG】肩を水平に回すとアゴが邪魔(中)。さらに回そうとすると軸が左に傾いたり(右)、腰が右にずれたり(左)する。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.5』12月23日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。