SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPに繋がる左肩と右腰の距離を一定に保つ感覚が身に付く「たすきドリル」とは!?【吉本巧のアクシス理論でもっと飛ばせ!】

バックスウィングでは左肩と右腰の距離を保ち回転させる理由とは!?

バックスウィングでは、肩と腰の動きはどちらも止めず両者の間隔を変えないようにして一緒に動かすと、大きな回転をつくることができます。

間隔を変えないポイントは、左肩と右腰の距離を一定に保つこと。

そうすると、上半身と下半身の動きがシンクロ(同調)し、力のたまったトップになり、このトップから身体の回転で自然にダウンスウィングを始めることができます。

左肩と右腰の距離を一定に保つ感覚が身に付く「たすきドリル」を紹介します。

細い棒(タオルでも可)を右腰と左肩に当ててアドレスし、左肩を下げながら右腰を後ろに引きます。その際、押さえた左肩と右腰の位置どうしの間隔を変えないように動かします。左肩と右腰の動く方向は違いますが、両者の間隔は保つことができます。

ぜひ、試してみてください。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●吉本巧
14歳で渡米以来、先端のゴルフに接し学び続けながら、日米でプロからアマチュアまで個性に合わせて上達に導いてきた。とくにアマチュアの体型、体力、身体特性に最大公約数的なエッセンスを抽出したアクシス理論で安定した飛距離を手に入れさせている。銀座ゴルフアカデミー代表。