SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

飛距離UPに繋がるスウィングの基本動作を覚える為のドリルとは!?【菅原大地のサイコースウィング】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で人気急上昇中の菅原大地。今回は、「サイコー(=最大効率)スウィング」をマスターするためのドリルを紹介。しっかり練習して、ドライバーもアイアンも大きな飛距離を実現しよう。

ハーフウェイバックで一度止めてから足から動いてボールを打つ!

●下半身リードで打てば手元は最後に戻ってくる
スウィングの基本動作を覚えるためのドリルです。ドライバーでハーフウェイバックまでクラブを上げたら、一度クラブを止めます。 このとき、右に動こうとしている上半身に対し、下半身は左に戻す動きで両者が均衡状態にあることを確認します。

この状態から右足の裏を蹴ることで体重を左へ。そうするとまずヒザが動き、それにともなってお腹が動き、最後に肩が引っ張られて手元が身体に向かって動き始めます。そして最後にグリップエンドが左足の付け根に戻ってくることで、ヘッドが身体に巻き付くという理想の動きになります。

一方、少しでも手で戻そうとすると、手元の動きが先行してインパクトでフェースが開いたままになってしまいます。

まずは素振りで動きを確認したら、10ヤード先に着弾するようなつもりで実際にボールを打ってみましょう。ヘッドは遅れてやって来るので、ボールは少し右に飛び出しますが、それでOK。 身体の動きをチェックしながらやってみてください。

手元が先行したスウィングになるとフェースが開いてスライスに

ボールを打ちたいという気持ちが強いと、下半身よりも手元が先に動いてしまう。その結果、フェースが開きスライスに。下半身リードでスウィングすれば、手元は遅れてやって来る。


コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.6』2月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ