SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

正しい腕の使い方で身に付く飛距離アップの最大の秘訣とは!?【菅原大地のサイコースウィング】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で人気急上昇中の菅原大地。今回は、飛距離アップのための上半身の動かし方を紹介。上半身を上手く使えば、飛距離は大幅にアップすると菅原は言うが、はたしてその動かし方とは?

飛距離アップの最大の秘訣は正しい腕の使い方にあり

●タテのエネルギーを生むことが大事
ハンマーで杭を地面に打ち込むとき、また、斧で薪を割るとき、ほとんどの人が無意識のうちに上から下に振り下ろしますよね。ゴルフクラブも同じ。ヘッドスピードを上げるためには、“上から下へ”、つまりタテのエネルギーを生むことが重要になってきます。そのためにポイントになるのが、腕の使い方です。

ゴルフレッスンの中には、「腕を使い過ぎるな」というものもありますが、自分の持っているポテンシャルの7割程度は手打ちで発揮できます。とはいえ、その使い方が間違っていれば、エネルギーも生まれないし、ミスにも繋がります。逆に、腕の正しい動かし方さえ覚えれば、生み出すエネルギーが大きくなるだけでなく、ダウンスウィングでクラブのしなりが生まれるなど、クラブのポテンシャルも最大限に引き出すことができます。大きな飛距離を獲得するためにも、まずはアイアンで腕の正しい使い方を覚えましょう。


●上から下に振り下ろすことで大きなエネルギーが生まれる
ハンマーでも斧でも、タテに動かすことによって最大限のエネルギーが生まれる。スウィングにもこの動きを取り入れることができれば、飛距離は大幅にアップする。


クラブを横に動かすイメージでスウィングすると、大きなエネルギーが生まれず、ヘッドスピードも最大限にならない。


コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ