SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

腕を高く上げるが正解ではない!バックスウィングの最大の目的とは!?【菅原大地のサイコースウィング】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で人気急上昇中の菅原大地。今回は、飛距離アップのための上半身の動かし方を紹介。上半身を上手く使えば、飛距離は大幅にアップすると菅原は言うが、はたしてその動かし方とは?

テークバックでは左手は下に押し右手は反対方向に引っ張る

●テコの原理でヘッドを上げる
アマチュアゴルファーの中には、バックスウィングでは腕を高く上げなければいけないと考えている人が多いのではないでしょうか。しかし、これは大きな勘違い。バックスウィングの最大の目的は、腕ではなくクラブを上げることなのです。では、クラブを上げるためにはどうすればいいか?テークバックの始動時に、左手は下向きに押し、右手は反対方向に引っ張ればいいのです。そうすれば自然とクラブは上がります。

逆に、腕を上げてしまうと、腕自体が緩んでくるので、ダウンスウィング~インパクトで元に戻す動きが必要になります。それが結果的には、左ヒジが引けたり、右ヒジが曲がったまま伸びないといった状態を作り出し、ミスショットに繋がります。そうならないためにも、スウィング中、左手は肩から指先にかけて力が掛かり続けるようにし、左手と右手は引っ張り合う関係をキープすることが大事です。

●スウィング中、左手は常に肩から指先にかけて力を掛け続けることが大事
左手は押し続け、右手は引っ張り続けるイメージ。両手が引っ張り合うことによってクラブは自然と上に上がる。

●テークバックでは腕ではなくクラブを上げる
構えた時点で、すでに左手が押して右手がそれを引っ張っていることが大事。そうすれば、左腕は真っ直ぐでハリがあり、右ヒジは少し緩んだ状態になる。この状態から、左腕を押し込んで右手を引けば、その場でクラブは上がる。この動きと、上体を右に捻る動きとがセットになると理想的なトップの形になる。

●手を上げるとクラブは上がらない
バックスウィングで手を上げようとすると手元が腰の位置に来てもクラブは水平のまま。さらにこのまま上げると担ぐようなトップになってしまい、元に戻すのが難しくなるし、ヘッドスピードも上がらない。

左手は押す、右手は引っ張るというのは、弓矢を放つときの動きと同じ。

トップで左手を放すと、左手が左方向に一気に揺れ動くくらい、左手は指先に向かって力を入れることが大事。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ