SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

体をスムーズに回転させ飛距離を生み出す「インパクト効率アップの条件」とは!?【浦大輔の『かっ飛び』インパクト】

【インパクト効率アップの条件】
切り返した瞬間に〝腰を切る〟のが肝心です

●腰を切れば身体が回ってボールに届く
ダウンスウィングの身体の回転は、腰を切る動作で生み出す。右腰をボールに近づけると同時に左腰を遠ざけることで体をスムーズに回転させよう。

●右腰を前に出すと同時に左腰を引く
切り返しでクラブを右手で押し返したら、それと同時に身体はインパクトに向けて左回転しなければなりません。身体の回転によってダウンスウィングで右肩が下がるので、右上方向に押し返したクラブがインパクトに向かって「下りて」くるというわけです。これは下半身のリードによって行われるので、切り返しの瞬間、強く腰を切る感覚が必要です。「腰を切る」という動作はゴルフのレッスン用語の中でもわかるようでわからないあいまいな言葉ですが、具体的に言えば右腰をボールに近づけると同時に左腰をボールから遠ざける動作です。

これは左右の腰を同時に、同じ量で動かすことがポイントで、左右が一緒に動くことでその真ん中に軸が生まれ、スムーズな回転を可能にします。この感覚は、キャスター付きのイスなどに座って左右の腰を意識して回転してみるとわかりやすいでしょう。このときのフットワークは、右足はカカトを浮かせて地面を蹴り、左足はヒザを伸ばす動作。これによって前傾した角度を保って腰がスピーディに回転します。この下半身の回転が速く強いほど、切り返しでクラブを「押す」タイミングも早くでき、飛距離も伸びます。この動作を身につけたら、あとはどれだけスピードアップできるかが飛距離アップのカギ。ぜひ練習して身につけてください。

「腰を切る」の正体はコレ!右腰をボールに近づけて左腰をボールから遠ざける
切り返しの瞬間、右足カカトを上げて右腰を前に出すと同時に左ヒザを伸ばして左腰を引く。これによってスムーズな軸回転が生じるが、左右片方だけの動きではうまく回転できないので注意。


●左右同時にやるから軸が生まれる
キャスター付きのイスに座って左右の腰の動きをやってみよう。左右同時にできるとその場で回転するが、どちらかだけではイスが動いてスウェイしてしまう。


●回転スピードが十分ならアーリーリリースでOK
腰の回転スピードとクラブの「押し戻し」が連動してインパクトを迎える。感覚的に腕と上体は右上方向にアーリーリリースでも、下半身が回転することによってクラブはインパクトに向かう。


身体の回転不足(右)や引きつける動き(左)では上下が連動せずエネルギーロスしたりうまく当たらなくなる。


コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.7』4月27日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ情報】
●浦 大輔
東北福祉大学ゴルフ部出身の人気ブロコーチ。「プロゴルフアカデミー」のヘッドコーチ。身長170cmながら、400ヤード級のショットを放つ。特に飛距離アップのレッスンを得意としている。