SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ミート率&飛距離UP目指す人必見!プロや上級者が当たり前にやっている〝2重振り子スウィング〟とは!?【新井淳の2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!】

誰も教えてくれなかった新理論!2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!

プロや上級者が当たり前のようにやっている〝2重振り子スウィング〟。第2弾では、その動きについてさらに詳しく教えてもらった。ミート率&飛距離アップを目指すなら、ぜひマスターを!

2重振り子スウィングの動きをハーフショットで体感!

 

●身体と腕が一体化すればハンドファーストになる
2重振り子スウィングをするためには、身体と腕が一体化するグリップで握り、ワキ腹を収縮させて体幹を動かすことが大事だという話を、前回しました。その2つの動きを組み合わせると、どういうスウィングになるのか。まずはハーフショットでその動きのイメージをつかみましょう。軽く足を開いて前傾姿勢をとり、身体の右サイドでグリップをしてワキを固め、この状態からテークバックでは左ワキ腹を縮め、ダウンスウィング~フォロースルーでは右ワキ腹を縮めて身体を回転させます。両腕は身体の回転とともに動くわけですが、切り返し以降は、左手でグリップを引いて右手でシャフトを押すイメージでスウィングするといいでしょう。

また、インパクト~フォロースルーでは、手元を引き上げるように動かすことも大事。そうすることでヘッドの軌道は正しい円弧になり、長いインパクトゾーンもイメージしやすくなります。しっかりワキが締まっていて、身体の回転でクラブを動かしていれば、フェースはスクェアな状態でインパクト地点に戻り、自然とハンドファーストの形になるはず。一般のアマチュアゴルファーに見られる、手首が解けたインパクトになることもありません。イメージがつかめたら、普通のセットアップ(ワキを固めたグリップから左手の手首を甲側に曲げてボールの位置にセット)からボールを打ってみましょう。ハーフショットは2重振り子スウィングの基本となる動きなので、練習の際は必ずやることをオススメします。

【OK】身体の回転でスウィングしていれば、自然とハンドファーストの形になる。

【NG】身体と腕の一体感がないと手先のスウィングになってしまい、ハーフショットでも軌道が安定せず、ミスの確率も高くなる。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。