SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

ミート率&飛距離UPを実現する〝2重振り子スウィング〟を成功させるアドレスとは!?【新井淳の2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!】

誰も教えてくれなかった新理論!2重振り子でアナタのスウィングが劇的に変わる!

プロや上級者が当たり前のようにやっている〝2重振り子スウィング〟。第2弾では、その動きについてさらに詳しく教えてもらった。ミート率&飛距離アップを目指すなら、ぜひマスターを!

アドレスで軸を右に傾けておけば2重振り子で振りやすくなる

 

●呼吸&回転のしやすさも大事なポイント
通常のレッスンでは、最初にグリップ、次にアドレスと続きますが、2重振り子においては、スウィングのイメージをつかんでからアドレスのレッスンに入ります。そのアドレスですが、最も大事なのは、軸を右に傾けることです。そして、ボールをやや右斜め上から見るように構える。そうすれば、テークバックでクラブがスムーズに上がるし、インパクトからフォロースルーにかけても、グリップを引き上げやすくなります。


そして前傾姿勢は、身体を柔らかく使うために、呼吸がしやすい状態にすることが大事です。構えてから深呼吸をして、ベストの姿勢を探しましょう。呼吸がしやすいのであれば、背中は丸めても反り気味にしてもかまいません。また、スタンス幅に関しては、肩幅がひとつの目安になりますが、「体重移動がしやすい」、「身体の回転がしやすい」という条件を満たしていれば、広くても狭くてもかまいません。自分なりのベストのアドレスを見つけてください。

【NG】軸が左に傾き、身体が左に突っ込んだアドレスになると、上から叩きつけるようなスウィングになりやすい。


【NG】両ワキが空いたアドレスはNG。両ワキを絞めて構えるのが2重振り子スウィングの鉄則。


スムーズに回転できる体勢を見つける

自分なりに最もラクに構えられ、身体を回しやすい形を見つけることが大事。見た目のカッコ良さなどはまったく気にする必要なし。


身体が回しやすければ、スタンス幅は広くても狭くてもいい。


呼吸さえしやすければ、背中が丸まっていようが、反り気味になっていようがかまわない。


コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.8』6月30日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

【レッスンプロ/出演者情報】
●新井淳
Score personal golf lesson主宰。JGTOメンバーを経て指導の道へ。打撃動作を研究し、独自の理論を確立した。現在、YouTubeチャンネル「新井淳・スコアパーソナルゴルフ」を展開中。小田急線相模原駅近くにあるスタジオには、悩めるゴルファーが全国から集まる。