SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

裏面ダウンを覚える最適ドリル「左手打ちドリル」とは!?【板橋繁の世界標準のスウィング理論 G1スウィング】

裏面ダウンを覚える最適ドリル「左手打ちドリル」とは!?

「裏面ダウン」を覚えるのに最適な「左手打ちドリル」を紹介します。

裏面ダウンのポイントはヘッドを落とさずに(クラブの位置を変えずに)身体の動きだけでボールを打つことにありますが、トップからヘッドの高さを変えずにいきなり打つのは難しいので、小さなスウィングでその感覚を掴みます。

①ウェッジを左手で短く持ち、ヒザの高さまでヘッドを上げます。
②クラブのグリップエンドを目標方向に倒すようにバックスウィングします。
③そこから腕や手を一切使わず、身体の回転だけでボールを打ちます。

ポイントは、フェースの裏面と右肩の後ろが連動する意識を持つこと。

また、ノーリストターンのG1スウィングでは、キャスティングしたり、手を返すのはNGなので注意してください。

出典:『ゴルフレッスンプラスvol.8』

【レッスンプロ情報】
●板橋繁
Gold One Golf Schoolディレクターオブゴルフ。全米ゴルフ教師インストラクター協会日本支部 (USGTF JAPAN) 主席試験官。1967年生まれ。日本体育大学大学院体育学修士課程修了。日体大ゴルフ部時代は同期の伊澤利光プロとともに活躍。卒業後は日体大ゴルフ部コーチ兼スポーツトレーニングセンターに勤務し、オリンピック選手とプロゴルフアーのトレーニングを指導。1995年に渡豪し、ヒルズ学園高校ゴルフ部監督に就任。ジュニアゴルフの育成と数々の勝利に貢献する。2002年からは、豪州のトッププロ養成学校 A Game Golf Academy 日本人担当コーチを務めた。運動力学を主体にした独自のコーチング理論とメンタルコントロール論を確立し、ツアープロのコーチングも担当する。

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.9』8月31日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!