SPORTS LAB
- スポーツを通じて美しくそして健康に -

「フェースが開けばスライス」は勘違い!曲がりのメカニズムとは!?【菅原大地のサイコースウィング】

菅原大地が贈る究極のレッスン
力で飛ばすな!“サイコースウィング”で飛ばせ!

●曲がりを抑えて飛距離アップ
アマチュアに寄り添ったスウィング理論と、わかりやすい教え方で数多くのアマチュアゴルファーから高い評価を得ている菅原大地。今回のテーマは、多くのゴルファーが悩む“曲がり”について。どうすれば曲がらない球を打てるようになるのか?曲がりのメカニズムと、曲げない打ち方を教えてもらった。

曲がりのメカニズム

『球はフェースが向いた方向に飛び出し軌道によって曲がり幅が決まる』

●「フェースが開けばスライス」は勘違い
曲がりの原因は3つあると言いましたが、その中でも最も大きな要素となるのが、スウィング軌道です。

そのメカニズムですが、精度の高いスウィング解析器が普及したこともあってこの理論が大幅に変わりつつあります。以前は、「振った方向にボールが飛び出し、曲がり幅はフェースの向きによって決まる」(旧飛球理論)と考えられていたのですが、最近は、「方向はフェースの向きによって決まり、軌道によって曲がる度合いが変わる」(新飛球理論)という考えに変わってきたのです。

例えばドローを打つ場合、旧理論ではフェースは目標方向、軌道はインサイドアウトが正解だったのですが、新理論ではフェースを右に向け、その向きよりも強めのインサイドアウト(理想はフェース度オープンでインサイドアウトの度合いは度)で振ることが求められるようになりました。

どちらの理論が正しいかをここで論じるつもりはありませんが、先ほども言ったように、スウィング解析器を使った実験では、新飛球理論通りの球筋になることが実証されているので、ここでは新飛球理論にもとづいてレッスンをしたいと思います。

少し難しい話になってしまいましたが、曲がりを大きく左右するメカニズムの話なので、上達を目指す人はしっかり頭に入れておきましょう。

出典:『ゴルフレッスンプラスvo.8』

【レッスンプロ情報】
●菅原大地
プルーフコーポレーション所属。1989年生まれ。19歳からプロを目指してゴルフをスタート。太平洋クラブ御殿場コースに練習生として所属。その後、神奈川県横浜市にあるハンズゴルフクラブに就職してゴルフ歴4年でティーチングプロ試験に合格。レッスンプロとして活動を始める。丁寧でわかりやすい指導が人気を呼び、現在、個人レッスンはキャンセル待ち状態。2019年2月に開設した自身のYouTubeチャンネル「Daichi ゴルフTV」も、1年数カ月で登録者数が20万人を超えた。今、最も注目を集めている若手レッスンプロ

コミック/写真/動画で学べる
ゴルフレッスン雑誌『ゴルフレッスンプラスvo.9』8月31日発売!

世界で唯一のゴルフレッスンコミック誌『ゴルフレッスンコミック』がパワーアップしてリニューアルされた新雑誌!!

今浪隆博さんと学ぶ女性のためのマネーセミナー